MENU

目の疾患

高齢者の眼の疾患で有名なものは白内障でしょう。白内障は、通常は透明な水晶体が何らかの原因により、白濁していく症状で、初期にはあまり自覚症状がありませんが、中心部に濁りが出てきた場合には、光が乱反射して眩しさを感じることがあります。

 

また、症状が進むと、白濁が進み、視力が弱くなり、最終的には失明する恐れがあります。白内障の場合は、目自体がくもってきているため、メガネやコンタクトでの視力の矯正はできません。

 

原因としては、外傷やアトピー、薬剤、眼の炎症などがありますが、ほとんどの場合は加齢によるものです。長期間にわたって受けた紫外線の影響もあるといわれています。

 

白内障の進行を緩やかにするための眼薬による治療が行われていますが、根本的な治療は、現在のところ手術による、白濁した水晶体の除去と、水晶体に見合うような度数の眼内レンズの装着が行われます。

 

緑内障も加齢とともに現れることの多い疾患です。緑内障は、眼の中の眼圧が高くなり、視神経に障害が出る症状です。視神経節の異常により視野が狭くなる症状がありますが、眼圧が高くない場合でも同様の症状があらわれることがあり、詳しいことは不明です。

 

また、最近、加齢による症状として、加齢黄斑変性症というものがいわれています。米国では成人の失明原因の一位に挙げられていますが、日本でも患者数が急増しています。

 

加齢黄斑変性症は、網膜の下に新たな血管があらわれることにより、視力の低下を招く疾患です。初期の症状としては、視野の中心部がゆがむとか中心部が暗く見えたりします。

関連ページ

高齢者の疾患の特徴
高齢者の疾患の特徴についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
脳に関する疾患
脳に関する疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
心臓関連の疾患
心臓関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
呼吸器系の疾患
呼吸器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
胃腸・肝臓系の疾患
胃腸・肝臓系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
骨・関節関連の疾患
骨・関節関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
慢性の疾患
慢性の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
泌尿器系の疾患
泌尿器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。