MENU

骨・関節関連の疾患

高齢者に多い骨の疾患としては、骨粗しょう症が思い出されます。骨粗しょう症は、骨密度が減少し、骨が弱くなる症状です。骨も皮膚などと同じように新陳代謝をしています。破骨細胞が古くなった骨を破壊吸収し、骨芽細胞がもとのように新しい骨をつくっていきます。

 

この、骨を吸収する速度が骨を形成する速度を上回ると、骨の量がへり、スカスカの状態になってきます。こうなると、骨の変形や、何気ないことで骨折するなどが起こりやすくなります。自覚症状もほとんどないため、日常の予防が必要です。

 

更年期の女性に多く、女性ホルモンの一種である、骨芽細胞の働きを助けるエストロゲンが閉経によって急激に減少することが原因です。また、妊娠によって、カルシウムが胎児へ移動することも原因の一つです。

 

予防法としては、日常の適度な運動やカルシウムの摂取、また、過剰なアルコール摂取や喫煙をさけるなどが有効です。特に、カルシウムが不足した場合、骨を溶かして補給しようとしますが、このときに、必要以上のカルシウムが供給され、動脈硬化の原因となります。

 

高齢者の骨折は、治癒する期間が長くなりがちで、その間に筋力が衰えて寝たきりになる場合や認知症が進む場合もあるので、転倒防止の注意が必要です。

 

高齢者に多い関節関連の疾患としては、変形性骨関節疾患と呼ばれるもので、関節痛や腰痛のもっとも多い原因となっています。変形性骨関節疾患には、変形性関節症と変形性脊椎症があります。

 

これは、骨や関節などの部分で軟骨や椎間板の形が変わり全体に変性していくものです。

関連ページ

高齢者の疾患の特徴
高齢者の疾患の特徴についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
脳に関する疾患
脳に関する疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
心臓関連の疾患
心臓関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
呼吸器系の疾患
呼吸器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
胃腸・肝臓系の疾患
胃腸・肝臓系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
慢性の疾患
慢性の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
泌尿器系の疾患
泌尿器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
目の疾患
目の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。