MENU

心臓関連の疾患

心臓を動かしている筋肉へ栄養や酸素を送っているのが冠動脈です。この冠動脈が狭くなるとか詰まるとかした場合に、心筋が弱るまた、壊死してしまう疾患を虚血性疾患といい、心臓が死亡原因である心臓死の半数にあたります。

 

動脈硬化が原因となる場合が多く、加齢、高血圧、糖尿病、喫煙、低HDLコレステロール血症、高LDLコレステロール血症などの要因が関連しています。これらの要因を冠危険因子と呼びます。

 

この虚血性疾患のうち、冠動脈が狭くなったものを狭心症、冠動脈が詰まったものを心筋梗塞と呼びます。狭心症の症状は、運動時や食後などに胸の中心部が締め付けられるような圧迫感を覚えることです。安静にしていると10分程度でおさまりますが、頻繁にこのような症状のある方は循環器の専門医を受信することをおすすめします。

 

心筋梗塞は、急性心筋梗塞と昔の心筋梗塞が安定した状態となっている陳旧性心筋梗塞があります。症状は、狭心症よりも強い胸の圧迫感が約半数に見られます。

 

また、時間も長い場合が多いようです。高齢者の場合は、半数に痛みがなく、突然気分が悪くなることがあります。

 

また、高齢者に多いものでは、心房細動があります。心房細動は、不整脈の一種で、心房を収縮させる信号が3~5倍の頻度で発生し、心房が細かく震える状態となるものです。

 

そのため、血液が普通のように送られず、血栓が発生して脳梗塞を起こすことがあります。加齢とともに発症の頻度が高くなります。

関連ページ

高齢者の疾患の特徴
高齢者の疾患の特徴についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
脳に関する疾患
脳に関する疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
呼吸器系の疾患
呼吸器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
胃腸・肝臓系の疾患
胃腸・肝臓系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
骨・関節関連の疾患
骨・関節関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
慢性の疾患
慢性の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
泌尿器系の疾患
泌尿器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
目の疾患
目の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。