MENU

脳に関する疾患

脳の血管に、何らかの異常が起こったために、脳の機能の一部が損なわれる疾患を脳血管障害と総称します。この中には、脳の血管が破れたために起こる脳内出血やくも膜下失血、血管が詰まったために起こる脳梗塞があり、これらは脳卒中とも呼ばれています。

 

脳卒中は日本での死亡原因において、がん、心臓病についで3位となっています。この中でも脳梗塞は、脳血管障害の3/4を占め、特に高齢者に多い疾患です。原因は、血栓という血のかたまりが脳の血管に詰まることです。そのため、脳細胞へ酸素や栄養素が十分に届かない状態となり、脳が壊死してしまいます。

 

単なる加齢だけが原因ではなく、高血圧や糖尿病、心疾患、喫煙、大量飲酒などの生活習慣も関係しています。また、高齢者に多い症状としては認知症があります。認知症は、加齢による単なる物忘れではなく、何らかの脳の障害により記憶や判断力が著しく低下し、日常の生活ができなくなった症状です。

 

はじめの症状は、物忘れから始まる場合が多いのですが、今まで好きでしていたことに興味が持てなくなった、注意力がなくなった、言葉がしゃべりづらい、うつ症状などから始まることもあります。

 

認知症の原因によって、脳の神経細胞異常から起こる変性性認知症、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性認知症などがあります。

 

この中でもっとも多いのは、アルツハイマー型認知症で、認知症の約半分がこれに当ります。それに、脳血管性認知症、レビー小体型認知症を加えて、三大認知症と呼ばれています。

 

その他、高齢者に多い疾病としてはパーキンソン病などがあります。

関連ページ

高齢者の疾患の特徴
高齢者の疾患の特徴についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
心臓関連の疾患
心臓関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
呼吸器系の疾患
呼吸器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
胃腸・肝臓系の疾患
胃腸・肝臓系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
骨・関節関連の疾患
骨・関節関連の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
慢性の疾患
慢性の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
泌尿器系の疾患
泌尿器系の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。
目の疾患
目の疾患についてのページ。高齢者の疾患 注意が必要な病気は、高齢者に多い疾患についての内容です。